2022年10月20日

QRコードの無料作成ツール5選!それぞれの違いや特徴とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

QRコードとは

QRコードとは株式会社デンソーウェーブが1994年に開発した二次元コードで、素早く読み取れるようにと“Quick Response”の頭文字をとって名付けられました。

その名の通り、読み込みが速いのが特徴で、紙媒体からWeb媒体への誘導をはじめ、電子チケットや商品管理、電子決済など、さまざまシーンで活用されています。

QRコードは欠けていても読み込める

QRコードには「誤り訂正機能」という機能があり、一部が汚れていたり欠損した状態でも読み込むことができます。

この機能にはレベルがあり、コードがどの程度欠けていても読み込めるかという復元率が以下のように表されています。

レベルL ・・・約7%
レベルM・・・約15%
レベルQ・・・約25%
レベルH・・・約30%

レベルが高いほど、大きく欠けていても読み込むことができますが、その分データ容量が大きくなってしまうので用途や利用シーンに合わせて設定するようにしましょう。

さらに、この機能を使ってQRコード内に画像や文字を入れることもでき、InstagramやTwitterなどのアイコンや自社ロゴを埋め込んで利用されるケースも多いです。

ここ数年でより一層目にする機会の増えたQRコードですが、QRコード作成サイトにURLをアップロードするだけで手軽に作成することができます。

QRコード作成サイトにはさまざまなものがありますが、それぞれどのような違いや特徴があるのでしょうか?

今回はQRコードを作成できるサイト5つとそれぞれの特徴についてご紹介します。

QRコード作成サイト①クルクルマネージャー

クルクルマネージャー_キャプチャ

こちらは、QRコードの開発元であるデンソーウェーブとアララ株式会社が共同で提供しているサービスです。

通常のQRコードを作成できるだけでなく、対象サービスエリア内で読み取るだけでWi-Fiに接続できる「フレームQR」の作成や、QRコードがどれだけ読み取られたかといった効果測定も無料でできるのが特徴です。

アプリ版もありますので、スマートフォンからも手軽にQRコードを作成することができます。

URL:https://m.qrqrq.com/

QRコード作成サイト②QRのススメ

QRのススメ_キャプチャ

こちらのサイトはさまざまな種類のQRコードを作成できるのが特徴です。

・複数のURLをまとめて読み取れるQRコード
・アイコン・文字を埋め込んだQRコード
・メール宛先や件名、本文を自動で入れられるメール用QRコード
・カレンダー登録用QRコード

など、10種類以上があり、幅広い用途で利用することができます。

また、QRコードを発行した後からでもリンク先を変更できるサービスもあります。

URL:https://qr.quel.jp/design.php

QRコード作成サイト③QRコード(二次元バーコード)作成【無料】

QRコード(二次元バーコード)作成_キャプチャ

こちらのサイトでは「URL用QR」や「メール用QR」の作成において、入力したURLやドメイン(アドレスの@以下)が実在するかどうかを自動で検知してくれるのが特徴です。

また、住所を入力して表示された地図内に目的地を合わせるだけで、地図表示用のQRコードに変換することもできます。

QRコードの周りに囲み文字を追加することも可能です。

URL:https://www.cman.jp/QRcode/

QRコード作成サイト④バーコードどころ

バーコードどころ_キャプチャ

こちらはのサイトは「誤り訂正機能」のレベルを選択することができます。(復元可能レベルが高いほどデータ容量も大きくなるため、こちらのサイトではレベルMが推奨されています。)

また、通常のQRコードのほかに、形状や配色を選んでオリジナリティのあるデザインQRコードや、JANコード、ISBNコードなども作成することができます。

URL:https://barcode-place.azurewebsites.net/Barcode/qr

QRコード作成サイト⑤QRコードJP

QRコードJP_キャプチャ

こちらのサイトでは、QRコードの模様の色と背景の色がそれぞれ選択でき、オリジナルの配色で作成できます。

アイコンを追加することも可能で、TwitterやInstagramなどSNSのアイコンがあらかじめ用意されているほか、画像をアップロードしてQRコード内にアイコンとして埋め込むこともできます。

URL:https://www.qr-code.jp/

まとめ

今回はQRコードを作成できるサイトを5つご紹介しました。

通常のQRコードはもちろん、それぞれサイトによって作成できるQRコードの特徴や種類があるので用途にあわせてぜひ活用してみてください。

QRコードを作成した後は、正しくアクセスできるかどうか実際に読み込んで確認するのを忘れないようにしましょう!

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標登録です。作成や読み取りに制限はありませんが、詳しくは こちらをご参照ください。

編集業務アウトソーシング_バナー